オールインワンゲルで肌がつっぱる⇒試してみて欲しいこと

オールインワンゲルで肌がつっぱる┃こちらを試してみてください

 

オールインワンゲルを使ってみたものの、これだけだと肌がつっぱる

 

そんなお悩みをお持ちの方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

オールインワンは手軽なケアで時短できる分、どうしてもライン使いに比べて物足りない部分が出てきてしまいます

 

そこでここでは、肌がつっぱる原因と対処法から、オールインワンゲルの上手な使い方までをご紹介しています。

 

『保湿力が物足りない』というデメリットが目についてしまいますが、使い方次第で優秀なアイテムになるのもオールインワンです。
是非参考にしてみてください。

 

 

 

 

オールインワンゲルは肌がつっぱる…原因は?

 

まずは、つっぱりを感じる原因から見ていきましょう。

 

 

肌の乾燥

 

肌のつっぱりの原因として第一に考えられるのは、”乾燥している”という事です。

 

これは元々乾燥肌の方によくみられますが、それ以外にも『これまでライン使いでしっかりスキンケアしてきた』という方にも多く見られます。

 

 

というのも、最近では”過剰なスキンケアは肌の機能を低下させてしまう”ということも言われています。

 

つまり、丁寧なケアをしすぎてきたあまり、肌が自分の力で保湿する能力が低下してしまっている状態ということです。

 

その為、急にオールインワンに切り替えた場合、普段以上に乾燥してつっぱりを感じることがあります。

 

 

 

水分が多く、さっぱりしたオールインワンゲルを使っている

 

オールインワンゲルの保湿力には、成分はもちろんですが水分と油分のバランスも大きく関係してきます

 

多くの方は、いつまでもベタついているものよりもサッパリした使用感のものを好みます。

 

しかしそれは、裏を返せば油分より水分が多いということを示しているので、蒸発しやすく、すぐに乾燥のようなつっぱりを感じることがあります。

 

ゲルタイプのオールインワンは水分の吸収性が低く、油分だけが肌に残りやすい特性があります。

 

その為、パキパキした違和感を感じる場合もあります。

 

 

 

常に日焼け止めを使っている

 

朝のスキンケア後に日焼け止めを塗る習慣がある方も、つっぱりを感じることがあります。

 

というのも、日焼け止めには効果が薄れてしまわないように、汗や皮脂の分泌を抑制する成分が含まれていることが多いです

 

 

汗や皮脂には肌を保湿する大事な役目があるので、それらが分泌されづらくなると、『保湿ケアをしているのに潤いが持続しない・・・』そんな結果になってしまうということです。

 

 

また”高保湿”を謳う化粧品によく配合されているスクワランなどの成分には、”皮脂や汗と結びついて肌に保湿膜を張る”というように、皮脂などを利用して保湿作用を発揮するものもあります。

 

その為それらの分泌を抑えることは、乾燥肌へとつながってしまうということです。

 

この問題は、美白化粧品にもよくみられます。

 

 

 

 

以上のように、

 

  • もともと肌が乾燥している
  •  

  • 水分が多く、化粧水に近いテクスチャーのオールインワンゲルを使っている
  •  

  • 日焼け止めや美白化粧品など、皮脂や汗の分泌を抑えるものを併用している

 

このような場合に、『オールインワンで肌がつっぱる』という問題が出ることが多いです。

 

次は、そんなときの対処法を見ていきましょう。

 

 

 

 

 

つっぱるときの対処法

 

先に書かせていただいた原因別に、それぞれの対処法を見ていきましょう。

 

肌の乾燥への対処法

 

肌が乾燥してしまう原因は様々です。

 

簡単にご紹介しておきますので、当てはまる部分があれば気を付けてみてください。

 

  • 洗浄力の強い洗顔やクレンジングを使用している
  •  

  • 洗顔やクレンジングの際、顔をこすってしまう(角質が薄くなり乾燥しやすくなる)
  •  

  • 熱いお風呂、シャワーが好き(肌の保湿成分が流れてしまう)
  •  

  • 入浴後、スキンケアまでに時間が空いてしまう(出来れば5分以内、遅くとも10分以内のケアが理想)
  •  

  • タオルでこするように拭いている
  •  

  • 油分の多い食事、睡眠不足など生活習慣の崩れ
  •  

  • ストレスをためがち
  •  

  • 冷暖房付きの部屋に1日中いる

 

このような感じです。

 

 

特にお風呂の後のスキンケアにはリミットがあります。

 

入浴中は一時的に肌の水分量が多くなるのですが、お湯に保湿成分が流れてしまうことでその水分を留めておくことができません。

 

その為入浴後は急激に乾燥が進んでしまいます。

 

肌の水分量は入浴後15分で入浴前の量に戻る”といわれているので、出来れば5分以内、遅くても10分以内に保湿ケアをすることで、入浴前よりも多くの水分を保持することができるでしょう。

 

 

 

またストレスと乾燥の関係もわかっていて、これには冷え性と女性ホルモンが関連しています。

 

ストレスを受けると、自律神経のバランスが崩れて体が冷えるようになります。

 

その結果肌細胞の生まれ変わる周期(ターンオーバー)が乱れ、古い角質が残り分厚くなっていきます。

 

そうなると、いくら保湿ケアをしても水分が浸透してくれず、乾燥しがちの状態になってしまうという事です

 

 

そして、肌のハリやツヤを促すとされる女性ホルモン(エストロゲン)があります。

 

このホルモンはストレスにより減少してしまうことがわかっているので、乾燥をはじめシワやくすみなどへとつながっていきます。

 

 

 

 

 

乾燥肌の対策となると、どうしても化粧品に目が行きがちになります。

 

しかし原因は多くあるので、他の部分に目をみけてみるのも良いかもしれませんね。

 

 

補足:肌の力を取り戻すスキンケア

これまで丁寧なスキンケアをしてきた方は、オールインワンゲルに変更すると物足りなさ・つっぱりを感じることがあります。

 

しかし面白いことに、そんな方がオールインワンゲルをあきらめずに使っているうちに、”だんだんそれだけで肌が潤うようになった”というケースもあるんです。

 

手厚いケアも良いですが、肌は環境に甘えてしまいます。

 

『化粧水とオールインワンゲル』、『オールインワンゲルと保湿クリーム』というように、最初は他のアイテムに頼りながら、少しずつ自分の肌を鍛えていくのも、1つのスキンケアといえるのではないでしょうか。

 

 

 

水分が多く、蒸発しやすいオールインワンゲルを使っている

 

この場合は、他のオールインワンゲルを検討してみても良いかもしれません。

 

市販されているものは浸透技術などにこだわられていませんが、通販や専門店で扱われているものの多くは、浸透力が高まるように工夫されているものが多いです

 

水分が蒸発しないように留め、しっかりと有効成分を浸透させることができるものもあるので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

浸透技術などのこだわりは、その商品の公式サイトに詳しく書かれていることが多いです。

 

検索して調べてみるのも良いかと思います。

 

 

 

日焼け止めや美白化粧品と併用する際の対処法

 

繰り返しになりますが、日焼け止めや美白化粧品には、肌の保湿成分である皮脂や汗を抑える作用があります

 

その為肌の乾燥が助長され、つっぱりを感じることがあります。

 

 

この場合は、オールインワンゲルに化粧水や乳液などのプラスして、しっかり保湿ケアをしておくことが大切です。

 

また日焼け止めの前にクリームを塗っておくことで、日焼け止めの成分と肌が直接触れることを防いでくれます。

 

皮脂や汗の分泌を抑えすぎないで済むので、オススメの方法です。

 

 

 

 

 

オールインワンゲルで満足できなかった場合は、他の化粧品に変更するのも1つです。

 

しかし、少し気を付けるだけで解決される場合もあります。

 

諦めてしまう前に、気になった部分だけでもお試ししてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

オールインワンゲルの上手な使い方

 

オールインワンは、基本は1本でスキンケアが完了することを売りにしています。

 

しかしその影響で、『1本では物足りない』というレッテルが貼られてしまっているんです。

 

 

オールインワンのメリットは、”化粧水・美容液・乳液・クリーム・パック”などの役割を1本で果たしてくれること。

 

 

その為…

 

  • 肌の保湿力はあるが、水分自体が少ないなら化粧水をプラス
  •  

  • 肌のターンオーバーを促したり、シワやシミなど年齢肌のケアもしたい場合は、専用の美容液をプラス
  •  

  • 保湿が物足りない場合は、乳液やクリームをプラス

 

というように、オールインワンだけでまかなえる部分はオールインワンに任せ、不足している部分だけプラスするという方法をとることができます

 

 

これまでライン使いでしっかりケアされていた方からすると、それでも十分時短になりますよね。

 

この臨機応変さとフットワークの軽さが、オールインワンのメリットでもあります。

 

また肌はこするという刺激に弱く、過剰なスキンケアは角質のダメージへとつながります。

 

肌への接触回数が少ないということも、オールインワンの強みといえるでしょう。

 

 

 

 

 

『肌がつっぱる』というデメリットを見てしまうと、どうしてもその部分が気になってしまいますよね。

 

しかし、それ以上のメリットがあるのも事実です。

 

 

  • オールインワンゲルを使ってみたが、満足できなかった
  •  

  • 試してみたいけど、踏み切れずにいる

 

そんな方は、よければここで書かせていただいた内容を参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

当サイトでは、シズカゲルというオールインワンゲルについての情報をまとめています。

 

シミのケアをはじめ、シワ、毛穴の悩み、肌荒れ、乾燥などを多角的にケアしてくれるものなので、口コミと併せてよければチェックしてみてください。