シズカゲルの使い方:基本から気を付けたい事まで

美白オールインワンとして人気のシズカゲル。

せっかく美白ケアをするのであれば、効果的な使い方をしたいものです。

しかし、オールインワンということで、ただサッと塗ってしまうだけでは、実感できる変化も半減してしまうかもしれません

ここでは、シズカゲルの使い方について、その基本から少し気を付けたい事までをまとめてみました。

 

シズカゲルの使い方について

シズカゲルは、朝と夜の洗顔後に1日2回使用します。

これは、通常のスキンケアと同様ですね。

実際の手順を、確認していきましょう。

 

①シズカゲルを手に出します

目安量は4㎝なので、それを目安に。

 

②手の中で数秒温めて、柔らかく瑞々しくなるのを待ちます

シズカゲルには油性の成分も多く含まれているので、温めることでより柔らかいテクスチャになり、肌になじみやすくなります。

 

③顔全体になじませていきます

手の中でしっかり伸びをよくしておいてから、顔全体に塗り広げていきます。
手の温かみを感じながら、まんべんなく、ムラのないように塗っていきましょう

 

④気になる場所は、ピンポイントで抑えてケア

シミ、乾燥などが気になる部分は、軽く抑えるようになじませていきましょう。
場合によっては、新しく少量を手に出し、それを重ねて塗っていく方法もお勧めです。

※最後にもう一度全体になじませて、終了です。

 


シズカゲルの成分の持つ特徴、テクスチャなどを考慮することで、効果的な使い方ができるはずです。

 

 

ちょっと気を付けたい方法

①手や顔が不潔

シズカゲルの使用前には洗顔をすることになります。

これは余分な皮脂や汚れなどを取り除き、成分をより浸透させるために行います。

ただ、忘れて欲しくないのは手も清潔にしておくこと
せっかく洗顔をしても、手の平や爪に汚れが残っていると、逆に肌荒れの原因にもなってしまいます。

 

②ゴシゴシと強くマッサージをする

この場合も、角質を傷つけ肌荒れなどを招く可能性があります。
角質層が吸収できる成分量には限りがあるので、ゆっくり無理なく吸い込んでくれるように、浸透するのを待ちましょう。

 

 


Q,他の化粧品との併用も良いの?

A,シズカゲルは、他の化粧品との併用もOKです。

ただメーカーさんによると、「シズカゲルは低刺激な処方になっているので、化粧水などを併用する際も、低刺激なものを選びましょう」とのこと。

市販のプチプラの物でも良いですが、「無添加」と書かれているものを選んで使うようにしましょう。


 

 

※補足です

いくら肌なじみがよくても、シズカゲルを塗った直後は多少べたついています。

メイクをすぐに始めるのも良いですが、5分ほど待ってからの方がよれにくいかと思います。

朝スキンケア(シズカゲル) → 家事  →  メイク

というように、家事を挟んでからメイクをする方もいらっしゃいます。

ご自身の生活リズムなどに合わせ、メイクのタイミングなども検討してみるのが良いでしょう。

 

以上、シズカゲルの使い方とそれに付随する情報をまとめさせていただきました。

 

関連記事↓↓↓

シズカゲルの口コミはこちら(悪評をまとめています)
シズカゲルで乾燥する際の使い方はこちら